サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。と表示されたときの対処法【Google Chrome】【Password checkup】

Google Chromeのブラウザを利用してインターネットで色々なWebサイトを利用していると突然ポップアップでパスワードの確認画面がでることがあります。もしかしたらすでに表示されたのでこのページの情報を調べているのでしょう。

サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。保存したパスワードを今すぐ確認することをおすすめします。

とても不安ですよね。このような表示が出たときの対処法などをご紹介します。

パスワード漏洩?

パスワードが漏洩しているのかと言うと、あなたのID例えばユーザー名やメールアドレスとパスワードの組み合わせがすでに漏洩しています。ただし、実際に今あなたが利用しようとしているサイトの情報が漏洩しているというわけではないのでご注意ください。すでに漏洩したIDとパスワードを用いてそれ以外の情報が漏洩している可能性もありますが。。。

IDとパスワードの組み合わせが漏洩しているとうことになります。もしその組み合わせで利用しているサイトが有るならば、今後情報が漏洩する可能性があるので早急に変更する必要があります。

Google Chromeでサイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。保存したパスワードを今すぐ確認することをおすすめします。と表示されたときは、すでにあなたのそのパスワードはインターネット上等で公開され、漏洩されているということになります。

Password CheckupというGoogle Chromeの機能で、IDとパスワードの組み合わせが第三者によるデータ漏洩の影響を受けていないかを自動で調べてくれています。

あなたがこれまでWEBサイトのフォームで入力したIDとパスワードがインターネット上で情報漏洩していないか自動チェックし、もし漏れていれば警告してくれる仕組みです。

あるサイトを利用してログインしようとすると突然パスワード情報が漏洩と言われるととても驚きますよね。

パスワードを急いで変更しよう

パスワード確認のボタンをクリックすると変更したほうが良いリストが表示されるのでまずは、すでに漏洩している情報は、確実に変更するべきです。それ以外のものは、状況に応じて変更してください。

漏洩しているIDとパスワードの組み合わせのWebサイトへログインし、IDまで変更する必要はないかと思いますが、可能なら変更しても良いですが、まずはパスワードを確実に変更しましょう。アルファベットの大文字と小文字、数字を組み合わせましょう。できれば更に記号なども入れるのがベストです。

あわせてセキュリティ対策ソフトもインストールして大切なパソコン、そしてデータを守りましょう。セキュリティ対策ソフトは、こちらの記事が参考になりますよ。