パソコンのスペックの役割【CPU】【メモリー】【HDD/SSD】【パソコン選び】【Windows】

パソコン選びの時、スペックを言われてもどう違うのかわからないですよね。CPUとかメモリとか言われても数字が大きければ良いのでしょ。でも価格が高くなりすぎてもそう簡単に購入もできないのでなかなか悩みも大きいですね。

パソコン購入のときに役立つスペック基本情報

パソコン購入時にCPU、メモリ、HDDの情報から自分がどのようなことを重視して必要としているかを考えて絞り込んでいけると思いますので、それらの基本情報を知っておきましょう。余計な専門用語は省いてわかりやすいように考えていきたいと思います。

CPU

CPUとは、簡単に言うと、パソコンの処理スピードに当たる部分で、人間でいう、頭の回転の速さのようなことですね。例えば、3GHzということは、1秒間に3Gの処理が行えるというような意味です。

メモリー

メモリーとは、処理を実行する作業スペースのことです。ソフトウェアを使用するとメモリーを使用します。メモリー数を限度にメモリー使用量の大きいソフトウェアを使ったり、ソフトウェアを複数同時につかったりすることができます。メモリーの限度以上は使えないので余裕を持ったメモリーの場合、効率的に作業が行うことができます。

HDD

HDD/SSDは、データを保管しておく場所のことです。この量が大きければそれだけデータを多く保存することができます。写真や最近だと動画を多く保存したり場合、容量が大きいため、すぐにいっぱいになってしまうので使用状況に応じて大きい容量を選択すると良いでしょう。特に保存等することなくインターネット閲覧等の場合は、ある程度の容量で良いと思います。

結局どのようなものを買えばよいのか

もちろん全てが大きいものであれば問題ありませんが、予算にも限りがありますので自分がどのようなことを行うのかで選んでいくと良いでしょう。

私個人的に一般的な仕事などで使う場合は、CPUは、それほどこだわら無いです。そこそこで良いと思っています。しかし、業務効率的に作業を行うことを考えるとメモリーは少し大きくほしいところですね。容量も最近は、クラウド化になりつつあるので、動画編集や画像加工等しないのであればそれほど大きくなくても良いと思っています。

おすすめPC参考スペック

私ならこう選びます。主にインターネット閲覧、ブログ作成、書類作成程度として。

まずは、メモリー優先で、8GB以上。HDD/SSDは、できればSSDで128GBか256GB程度〜で良いと思っています。あとは、予算に合わせてCPUや更に上位を選べばよいでしょう。

もしも、あなたが仕事で使うPCに悩んでいるのなら参考にしていただければ幸いです。

こちらの記事も参考になるかもしれません。