【必須】MacでWindowsを使うには【悩む前にこれで決まり】

MacでWindowsを使いたいと思うことは、ありますよね。Officeソフトだったり、会計ソフト、もしくは、その他専用ソフトがWindowsのみの対応ということが多々あります。

MacでWindowsを使うには、どうすれば良いのでしょうか。
先に結論を言います。業務にも対応できる唯一のおすすめソフトは、MacでWindowsを使えるソフトウェア【Parallels】 だけです。はっきりいいます。これ以外に使いやすいと思えるものは現状見当たりません。

Mac で Windows を実行

  • Mac の仮想マシンで複数の OS を対象に開発、テスト
  • Windows、Internet Explorer の Microsoft Office にアクセス
  • Mac の処理速度を落とさずに高速で Windows アプリケーションを実行
  • ファイル、アプリケーションなど、PC から Mac にすばやく移動

Parallels Desktop 15 for Mac

<Parallels Desktop> マックで使えないソフト、プラグイン、サイトなどを楽に使える便利なソフトウェアです。 MacBook(R)、MacBook Pro(R)、iMac(R)、iMac Pro(R)、Mac mini(R)、Mac Pro(R) で、 Windows を macOS(R)と並行して使用できます。 MacアプリケーションとWindowsアプリケーションの間で、ファイルやフォルダーを共有し、 画像やテキストのコピーと貼り付けやファイルのドラッグ&ドロップができます。

<Parallels Toolbox> MacとPC用の軽量で強力なオールインワンアプリケーションに 30 以上のツールを備えています。 使いやすく、経済的で、ツール一式を個々のアプリの数分の 1 のコストで利用でき、 1つのシンプルなインターフェイスにパッケージされています。 プレゼンテーションモードで集中力を維持します。 厄介なポップアップやバウンドするアイコンを瞬時に無効化できます。 クリーンドライブは、コンピューターのストレージを最適化し、不要なデータのない状態に保ちます。 重複ファイルの検索は、コンピューターの余分なスペースを解放します。 ビデオダウンロードを使用すると、インターネットからビデオを取得して、オフラインで視聴できます。 スクリーンショットの取得またはビデオの録画を使用すると、 ワンクリックですばやくカットアンドペーストできます。

Mac で Windows を実行する方法、 Parallels Desktop 15 for Mac

Macを買ったらParallelsは、必須です

私の MacBook ProでWindowsを起動するときは、数秒でWindowsが立ち上がります。使用する際の起動時の体感速度は、Windowsの実機より早いのではないでしょうか。

Macファンの私にとっては、いまさら、WindowsとMacの2台持ちは、考えていません。しかし、実際業務では、残念ながらWindowsでしか使えないソフトウェアだったり、業務でWindowsを指定されることがあります。そんなとき、Parallelsがあって助かっています。

Mac-Windows間のコピーアンドペーストもでき、作業をマルチタスクで行うことも可能です。Windwosを使うのに電源を切って再起動などとやっていたらせっかくのやる気も失せてしまいます。

私も長らくこのソフトを実際に使っていますが、もう手放せません。
MacでWindowsを使えるソフトウェア【Parallels】 ←Macをつかうならこれは必須でしょう。