仕事ができる人はMacの通知をOFFにする【集中して業務効率UP】

メールや通知を常に確認していたら効率が悪くて仕事に集中できないですよね。

仕事中は、スマホやLINEはもちろん、メールなど余計なものは側に置かない方が良いですね。Macをお使いで通知がきてうっとおしいと思っていたあなたには、簡単に通知を停止する方法があるんです。もちろんすぐに通知のON、OFF切り替え可能です。とても簡単ですのでこの方法をぜひご活用ください。

通知をONまたはOFFにする方法

Optionを押しながら右上のマーク部分をクリック

Macの右上にあるマークをグレーアウトにしてください。ただこれだけで通知がOFFになります。簡単でしょう?また逆に通知を受け取りたい場合は、同じ箇所をOptionを押しながらクリックすれば通知ONになります。

画面のON/OFF状態

以下のグレーアウトした状態が通知OFFです。

通知OFFにした状態

逆にONにした状態です。

通知ONにした状態

仕事中は邪魔なものは遮るに限る

仕事のできる人ほど集中していますよね。邪魔をするものはシャットアウトに限る。

仕事に集中したいときは、仕事を始める前にOFF。そして終わったらゆっくり見るとかで良いと思います。仕事中の割り込み情報ほど邪魔なものはないですよね。。。自分の時間を遮るものはOFFにしてしまいましょう!

この機会にMacパソコンだけでなく、自分を遮っている色々なものを今一度再確認して見直してみても良いかもしれないですね。例えば、メール通知、LINE、電話、SNSなど・・・。今の現代社会だとなかなか難しいかもしれないですが、ぜひ自分の時間をもっと有効活用してください。

ところで、もしかしてですが、あなた仕事中に机の横にスマホ置いて家族や友人からのLINE通知とかみてないですよね・・・?

コメント