あなたにおすすめの厳選セキュリティ・ウイルス対策ソフト5選

この記事の信頼性:当記事作成者は、パソコンサポート、パソコンショップ、Webアプリ開発等のIT関連業務に20年以上関わってきました。

【おすすめ】Windows動画編集ソフトならこれで決まり【VEGAS PRO】

最近は、Youtubeなど動画メディアが多く配信されており、企業でビジネスはもちろん、プライベートでも動画編集する機会も増えてくるでしょう。そこで自分でも動画編集にチャレンジしたいという方はとても多いと思います。そうなってくると動画編集ソフトにどれを使えばよいか悩まれるでしょう。

今回は、いろいろな動画編集ソフトを試してみましたが、最もおすすめできるVEGAS PROをご紹介したいと思います。

動画編集ソフトVEGAS PRO

VEGAS PROは、限られた時間の中で品質を追求する、AIでさらに進化した、プロが選ぶ映像制作ソフトです。磨き上げられた操作性と先進の機能は世界のプロから高く評価されています。

機能を早速見ていきましょう。

映像編集

高速かつ最先端の映像編集が行えます。

  • タイムラインの入れ子構造 ※ネスト化することで、プロジェクトを整理し、ワークフローを効率化できます。ネスト化したタイムラインは独立したVEGASプロジェクトとして開けるので、他の人に渡して編集してもらうなど共同作業にも活用できます。
  • 映像を自由に切り抜き ※ベジェ・マスキング(OFXプラグイン)を使用すると、楕円形、長方形またはカスタムシェイプから選択して、最大5つの異なるマスクを作成できます。映像の一部を切り抜いて、背景に他の映像を表示させたり、ぼかしなどのエフェクトを適用できます。
  • モーション・トラッキング ※洗練されたマスキングとモーショントラッキングツールで、動くオブジェクトを自動的に正確に追跡できます。 また、カラーグレーディング、特殊効果、その他のフィルタやエフェクトも簡単に適用できます。平面のモーショントラッキングで斜めから見た建物の側面のように、遠近法によって撮影された移動するオブジェクトも追跡できます。
  • スマートな分割 ※スマートスプリットをONにすると、映像をカットするだけで自動でワープフロー・トランジションを適用し、映像の切り替わりを自然につなげます。ジャンプカット編集を行なう際の手間を大幅に軽減できます。
  • レンズ補正 ※映像から魚眼レンズのようなレンズの歪みを取り除けます。豊富なリストからカメラまたはレンズを選択するだけで、歪みを自動的に補正できます。
  • ピクチャーインピクチャー ※映像を重ねて小窓表示させるピクチャー・イン・ピクチャーをプレビュー画面上で直感的かつリアルタイムに作成できます。平行四辺形にするなど、柔軟な調整もできます。
  • 自動スライドショー ※スライドショーをすばやく簡単に作成できます。
  • 画像を選択し、フォーマット、トランジション、および継続時間などを指定すると、スライドショーが自動的に生成されタイムラインに挿入されます。
  • 画面録画ツール ※画面録画ツールを使って、複数のPCの画面と音声を同時に録画できます。
  • 録画したファイルはVEGASのタイムラインに読み込んで同期できるので、実況動画やチュートリアル動画などの制作に便利です。
  • 360度映像の編集&小惑星化 ※人気の360°カメラ用のテンプレートを収録。360°映像をシームレスにプレビューし、出力できます。タイニープラネット(OFXプラグイン)を使えば、360°ビデオを元に、超小型の惑星のような映像を作ることができます。
  • 手振れ補正、手振れ補正の視覚化 ※手振れ映像をなめらかなプロ品質のビデオに変えます。最先端技術を駆使したビデオ・スタビライゼーション・エンジンが、簡単に映像の手ぶれを補正します。より厳密に手振れを補正したい場合は、モーショントラックの視覚化をオンにします。映像の動きの分析結果が視覚化されるので、最適な補正結果が得られるよう、設定を調整しやすくなります。手振れ補正を必要な部分にだけ適用できます。メディア全体の手振れ補正が終わるまで待つ必要がありません。
  • 字幕の簡単作成 ※ビデオの音声を書き起こしたテキストファイルなどを読み込んだり、リージョンの名前を利用して、即座に字幕トラックを作成できます。字幕の位置は音声に自動的に同期させることができ、微調整もできます。
  • マルチカメラ編集 ※複数のカメラで撮影した映像を、直感的かつ効率的に編集できます。 映像の数がいくつあっても、キーボードコマンドまたはマウスのクリックで、切り替えて編集できます。また、マルチカムトラックを個々のイベントに簡単に変換して、詳細な編集ができます。
  • 自動クロスフェード ※高速かつスムーズなタイムライン編集。 タイムライン上の複数のビデオをドラッグして重ねるだけで、映像のクロスフェード効果(映像が透明になりつつ切り替わる)が自動的にかかります。

色補正

最先端の色補正が行えます。

  • HLG HDRカラーをサポート
  • カラーカーブツール ※カラーカーブはプロにとって必要不可欠なツールです。本製品では自動カラーバランスに対応。もちろん手動でも調整できます。
  • LUTによる色調整 ※LUT(ルックアップ・テーブル)を使って、映像全体の色調整をして雰囲気を変えることができます(カラーグレーディング)。単一のイベント、トラック、またはプロジェクト全体に適用できます。
  • LUTのエクスポート ※映像全体の色調整ができるLUT(ルックアップ・テーブル)の設定を.cube形式でエクスポートし、他の映像にも簡単に適用できます。
  • ホワイトバランスツール ※ホワイトバランスツールを改善し、高精度かつ柔軟に調整できます。撮影が失敗して台無しになってしまった映像の色味を救います。
  • 映画のような雰囲気に ※オートルックス(OFXプラグイン)を使えば、わずか数クリックで映画のような雰囲気の映像にできます。
  • カラー・マッチング ※同時に撮影した映像でも、ビデオカメラによって色味が異なる場合があります。カラー・マッチングを使えば複数のビデオの色味を自動で統一させることができます。
  • ソニー製カメラのS-Logに対応 ※VEGASはソニーが設計したS-Logを包括的にサポートしています。対応したカメラで映像を撮影し、撮影後にVEGASで補正することで、映像の黒つぶれや白飛びを無くすなど柔軟な色調整ができます。

特殊効果

驚きの特殊効果です。

  • 超なめらかなスローモーション ※独自のオプティカルフロー技術で、かつてない非常になめらかなスローモーション映像を作成できます。
  • ワープ・フローのトランジション ※SF風のユニークなモーフィング・トランジションを作成できます。
  • メッシュワープ ※映像の歪みを修正したり、映像の一部を自由に引き延ばしたり縮めたりできます。無限の可能性を活用してください。
  • 映像の一部にエフェクト適応 ※マスクを適用してビデオの特定の部分にだけエフェクトやフィルターをかけることができます。
  • 映像の合成 ※映像トラックに親子関係を持たせることができます。合成エフェクトを適用して映像効果を作成したり、2つの映像を3Dで移動・回転させることで立体視の映像も作れます。
  • 映像の一部を簡単に静止 ※ワンクリックで簡単に映像を制止させることができます(インスタント・フリーズフレーム)。
  • さまざまなプラグインを活用 ※OpenFX規格をサポートしています。 さまざまなメーカーの高性能なプラグインを使用して、フィルタやエフェクトを追加できます。

オーディオ編集

比類のないオーディオ編集機能です。

  • 完全なマルチトラックオーディオ環境 ※入力バス、プロのメータリング、パンチイン録音、無制限トラックなどを使用して、マルチトラック環境でオーディオを録音できます。
  • サラウンドサウンドのエンコードとデコード ※5.1サラウンドミックスを直接作成できます。パンナーを使用してトラックとバスを自動化し、DVDやBlu-rayディスク用の息をのむようなサウンドトラックを作成できます。
  • 豊富なオーディオエフェクト ※
  • VSTインターフェイス規格をサポートしています。40種類以上のエフェクトを搭載しており、個々のオブジェクト、トラックやバスのイベントに自由にエフェクトを適用できます。ウェーブハンマー、圧縮、EQ、ノイズゲート、リバーブ、コーラスなど
  • 複数カメラの映像を音声データで同期 ※オーディオの波形に基づいて自動的に映像を同期したり、複数のカメラの映像をすばやく同期して、簡単に編集できます。
  • 外部入力デバイスのサポート ※入力バスを介して外部デバイスからのオーディオを録音、モニタリング、ミックスできます。  
  • リアルタイム・レンダリングオプションを使用すれば、外部オーディオデバイスからのオーディオを録音すると同時に最終レンダーにミックスすることができます。
  • 音量調整に便利なラウドネスメーター ※CALM条例によって規制されているCM音量規制に適切に対応したオーディオを作成できます。
  • エンベロープ・オートメーション録音 ※マウスまたは外部コントロールサーフェス機器を使用して、トラックのエンベロープとキーフレームのパラメータをリアルタイムで記録できます。

形式サポート

充実にハードウェア&ファイル形式サポートしています。

  • GPUを利用したAVC/HEVC形式の高速プレビュー ※グラフィックボードのGPUを活用して、H.264(AVC)とH.265(HEVC)形式をよりスムーズで迅速に再生できます。複数のビデオストリームを使用する場合でも、効率的にプレビューできます。
  • 8K映像のサポート ※自動生成されたプロキシファイルを使用して8Kビデオファイルを操作し、高速かつ効率的に編集できます。8K映像を元に自由にパン、ズーム、トリミングなどを行ない、高解像度なHDまたは4Kとして出力できます。
  • アルファチャネル付きProRes 4444ファイル ※AppleのFinal Cutで用いられるProRes 4444のネイティブサポートし、ProResのアルファチャンネルを活用できます。キーイングFXや特別な設定をする必要なく、透明度をそのまま使って簡単に素早く合成できます。
  • NVENC 10-bit HEVC レンダリング ※NVIDIAの対応グラフィックカードで、NVENCコーデックを使って10ビットレンダリングができます。HDRおよびHLGなどカラーグレーディングを行なう際の重い処理に最適です。
  • プロジェクトのアーカイブ  ※編集完了したプロジェクトを関連するメディアファイルとともにアーカイブ機能で整理できます。
  • 派生したプロジェクトを含め、プロジェクトに関連付けられたすべてのメディアまたはタイムラインで使用されたメディアのみをアーカイブすることもできます。
  • ハードウェアアクセラレーション  ※最新のNVIDIAおよびAMDグラフィックスカードからのハードウェアアクセラレーションと、最新のQSV(クイックシンクビデオ)テクノロジを活用して、リアルタイム編集のパフォーマンスを向上させ、特定のフォーマットのレンダリング時間を短縮できます。
  • HEVC / XAVCサポート   ※HEVC、XAVC、XAVC SなどのフォーマットをHD、2K、4Kで追加のアドオンやプラグインなしでネイティブに編集できます。
  • 重い動画もサクサク編集 ※編集専用の軽い動画ファイル(スマートプロキシ・クリップ)を自動作成し、高解像度のビデオ映像でもすばやく再生できます。もちろん映像出力(レンダリング)時には、元の映像データが使われ、出力結果で画質を損なうことはありません。

ワークフロー、UI

アイデアを短時間で形にする、独自のUI・ワークフロー

  • プロジェクトノートウィンドウ ※プロジェクトノートウィンドウに重要なリマインダーを残せます。自分と同じプロジェクトで働く他のチームメンバーにメモを書いて伝えられます。
  • ストーリーボードでざっくり編集 ※ストーリーボードに映像を見せたい順番に並べて、必要な部分だけにざっくりカット編集することができます。別のストーリーボードを追加して、異なる編集を試すこともできます。ストーリーボード上で加えた編集はタイムライン上の映像にも瞬時に反映され、その逆も同じです。独立したインポイントとアウトポイントを使用して、同じメディアファイルを1つのストーリーボードに複数回追加できます。
  • マウスをのせると自動プレビュー/クリックで簡単カット ※お好みのポイントでクリックするだけで、簡単にイン/アウトポイント(利用する映像の最初と最後)を設定できます。
  • メディアのFXインジケーター ※メディアにかかっているエフェクトを表示でき、そのメディアを使っているすべてのタイムラインに一括でエフェクトを適用・編集・追加・削除できます。
  • 高DPIディスプレイ対応 ※Hi DPIモードにすると、高解像度なモニターでもUIが鮮明に表示されます。アイコンとウィンドウがかつてないほど鮮明になり、目の負担を和らげます。
  • グループ化を一時的に無視 ※必要なものだけ移動するために、一時的にイベントのグループ化を無視するよう設定できます。
  • 映像の長さを表示 ※タイムラインに並べている映像の正確な長さを数値で確認できます。 値を変更することで、フレーム単位で映像の長さを即座に調整できます。
  • トラック削除時に警告 ※トラック全体を削除する際に、映像クリップが残っている場合は警告が出るようになりました。誤削除を防げます。
  • 他の映像編集ソフトと連携できる ※他社製品の編集データ(プロジェクト)のインポート/エクスポートをサポートしています。例えばAvidやFinal Cut、Adobe PremiereやAfter Effectsで作成したプロジェクトをVEGAS Proで読み込んで編集できます。
  • 豊富なバックアップ・オプション  
  • ボタン表示をカスタマイズ  ※画面上のボタンの表示/非表示をハンバーガー・ボタンから自由に設定できます。これによって作業領域を自由にカスタマイズしたり、必要なツールをすばやく見つけることができます。
  • UIデザインの調整 ※様々な環境で最も見やすくなるよう、UIの色味やボタンの色の強さを調整できます。
  • ドッキング・ウィンドウ コントロール ※様々なワークフローにフィットするよう、ドッキング・コントールを使ってウィンドウレイアウトを自由に調整できます。お好みのレイアウトを保存して呼び出すこともできます。

対応形式

入力

DVカメラ、DVDカメラ、HDVカメラなど、ほぼすべてのビデオ/オーディオデバイスからメディアを直接取り込み、編集の素材として使用できます。また、カメラから写真を取り込み、スライドショー作成などに使用できます。ビデオ: HEVC / H.265、AVC / H.264、MP4、MOV、MPEG-2、MPEG-1、AVI、WMV、M4V、Sony XAVC / XAVC-S / XDCAM EX / HD / HD 422 / MXF / ProDisc / HDCAM SR、MPEG IMX、DV、HDV、AVCHD、Panasonic P2、Red RAW  

オーディオ: AIF, AAC, MP2, MP3, M4A, Ogg Vorbis, WAV, WMA, FLAC  

画像: BMP, GIF, PNG, JPG, TIFF, DPX, OpenEXR, WDP, DNG  

その他: AAF, Premiere/After Effects (*.prproj), Final Cut Pro 7/ DaVinci Resolve (*.xml), Final Cut Pro X (*.fcpxml), EDL Text File (*.txt), Broadcast Wave Format, Closed Captioning

出力

以下のさまざまな形式で出力できます。

ビデオ: HEVC / H.265、AVC / H.264、MPEG-2、MPEG-1、MP4、MOV、AVI、WMV、Sony XAVC / XAVC-S / MXF / HDCAM SR、Panasonic P2、XDCAM EX

オーディオ: AIF, AAC, MP3, Ogg Vorbis, WAV, WMA, FLAC 

画像: BMP, PNG, JPG, TIFF, DPX, OpenEXR  

その他: VEGAS Project Archive (*.veg, *.vf), Final Cut Pro 7/DaVinci Resolve (*.xml), EDL Text File (*.txt), XDCAM Disc

まとめ

とても多くの機能があります。すべての機能を使いこなす必要はありません。自分の動画編集に必要な機能だけを使い、あとは徐々に慣れていきながら新たな機能をポイントで使えるようになるとよいと思います。PDFのマニュアルも付属しているのではじめての方でも安心ですね。

VEGAS PROには、いくつかのラインナップがありますがVEGAS Pro Editで必要十分な機能がそろっていますのでこれでよいと思います。

もしも、はじめての動画編集で操作に不安ならガイドムービー付き+作曲、サウンド編集ソフトも付いたセットがおすすめです。かなりお得なセットです!

主なパソコンの動作環境は、Windows10 64ビット版でメモリー8GB以上、HDD空き容量1.5GB以上となっております。それなりのパソコンであればクリアできると思いますが、念のため、使用予定のPCスペックを確認してみてください。

新たに動画編集用にノートPCを購入されようとしているならマウスコンピューターのクリエイター向けのノートパソコンが高スペックかつリーズナブルでとてもおすすめです。下記の記事も参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました