そろそろ年賀状、はがき作成ソフトを用意しよう。【おすすめはがき作成ソフト】【Windows/Mac対応】

そろそろ年末も近づいてきますね。年に一度、大切な人への感謝の気持ちを込めて幸せをお祈りし、絆を深めるために年賀状を作ってみましょうか。

最近は、年賀状も出すことが少なくなった方も多いかと思います。特に必要はないといっても、やはり届くと嬉しいものです。

今回は、Windowsに対応するはがき作成ソフトとmacOSに対応するソフトをご紹介します。macOS対応ソフトは、あまり無いので困っていた方も多いと思います。この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

大切な人との、絆を深める年賀状

今回は、Windows対応の筆まめ筆王をご紹介します。最後にmacOS対応の宛名職人をご紹介しますので、あなたにあったものを選んでみてください。

筆まめ(Windowsダウンロード版)

筆まめの特徴を見ていきましょう。

  • 洗練された宛名面 ※筆まめだけに収録されている「流麗行書体」と、同じ漢字が続くと字体が変化する「複字体」
  • スペシャルデザインが使える ※「歌舞伎」「てのひらのえんぎもの」のスペシャルデザイン
  • 初めてでも安心 ※操作もシンプルでかんたんなはじめてモード
  • 住所録もかんたん ※表示や並び替えがワンクリックできる一覧表示
  • ガイドも充実 ※かんたんに作れる「フルカラーガイドブック」
  • 「ガイドムービー」も収録

筆王(Windowsダウンロード版)

筆王の特徴を見ていきましょう。

  • 充実の画像編集機能 ※「自動レイアウト」、「かんたん切り抜き」
  • などで家族写真をアートに
  • 手書き三変化 ※手書き風にデザインして温かみのある年賀状を作成
  • はじめてでも安心 ※「音声ガイド」「ガイドムービー」でかんたん
  • 住所録もかんたん ※Excel感覚で入力ができる一覧表
  • 特典たっぷり ※「ペタットラベル印刷2」「フルカラーガイドブック」
  • 「クラウド保存」

Windows版の筆まめと筆王で悩んだら

結局どちらにすればよいのかと悩まれるかと思います。基本的には、どちらを選んでもほとんど同様の機能が搭載されているので大丈夫です。

初心者で不安という方は、筆王がおすすめです。普段パソコンではメールやインターネットサーフィンくらいしかしない、という方には不安もあると思います。 筆王では、そのような方のためにガイドブックやガイドムービーに加え、操作を声で案内する音声ガイド機能もついて、パソコン初心者をフルサポートしています。

センスの良い年賀状を出したいなら筆まめがおすすめです。宛名面レイアウトがきれいに配置できるようにエンジンにこだわっています。 また、他の年賀状には収録されていない「歌舞伎」「てのひらのえんぎもの」などのスペシャルデザインが使えますので、格調高いセンスの光る年賀状を作れます。

macOS対応宛名職人

Mac対応の年賀状作成ソフトはあまり無いのでほぼこのソフト一択でしょう。Macの年賀状作成ソフトといえば、宛名職人と言っても良いですね。シンプルでスマートなはがき作成ソフト。 Macのためのソフトとして開発され、まるでMacの一部であるかのように操作できます。 1993年の発売以来バージョンアップを重ね、Mac用の定番として親しまれています。

特徴は、

  • フォトコラージュ ※たくさんの写真をきれいに簡単に配置し、1枚の写真に仕上げ
  • 最新OSに対応保証 ※最新OS「macOS Big Sur」への対応を保証
  • スマートグループ機能 ※今年出す年賀状の宛先を素早くグループ保存
  • 宛名ををよりきれいにレイアウト ※宛名アイテムの「住所」を見やすくレイアウトできるように改善
  • コンビニプリント対応 ※セブン-イレブンのマルチコピー機で年賀状が印刷可

また、macOSとシームレスな操作感を目指して設計されているため、Macのひょうじゅんのさまざまな標準搭載アプリと連携して、はがきづくりだけではなく、日常生活の色んなシーンで年中使えます。

まとめ

Windowsパソコンをご利用の方で、あまり年賀状ソフト利用に自信のない方は、筆王。センスの良い年賀状を出したいという方は、筆まめ。Macパソコンを利用なら宛名職人で決まりですね。

これまであまり年賀状を出さなかった方は、今年は、年賀状を出してみませんか?また、年賀状は、どうしても忙しくなってきて年末ギリギリになりがちなので少しでも早めに準備しておきたいですね。