「Microsoft Office」互換のフリー総合オフィスソフトウェア

マイクロソフトのオフィスソフトを購入しようと思うと結構な価格ですよね。でも本格的に使用するわけでもなく、簡単な書類作成や表計算という程度であれば互換ソフトを使用すればよいでしょう。

互換オフィスソフトウェア OpenOffice

マイクロソフト製ではないが、、、
ちょっとした文書作成、表計算などに利用したい。しかし、コストを掛けたくないというあなたにピッタリ。

どのような使い方ができる?

ワープロや表計算などを含むフリーのオフィス統合環境。オフィス統合環境の標準的ソフトといえる「Microsoft Office」と操作性やデータの互換性をもち、「Word」や「Excel」などのファイルを読み書きできるのが特長。ワープロソフトの「Writer」、表計算ソフトの「Calc」、プレゼンソフトの「Impress」、ドローソフトの「Draw」、データベースソフトの「Base」、数式エディターの「Math」の6つのソフトで構成されています。

マイクロソフトオフィスでよく使われているオフィスソフトは、Word、Excel、PowerPointでしょう。イメージ的にこのような感じです。

  • Word→Writer
  • Excel→Clac
  • Powerpoint→Impress
  • Access→Base

ちょっとしたこれらの機能を使いたいならOpenOfficeで十分です。

OpenOfficeのダウンロード

以下のOpenOfficeWebサイトよりダウンロードしてご利用頂けます。
http://www.openoffice.org/ja/

インストール方法も通常のソフトウェアと同様ですし、操作方法もマイクロソフトオフィスと似ていますのでオフィスソフトを利用されたことがある方は感覚的に操作が可能だと思います。